検索
  • tslabo2019

令和に寄せて

昭和、平成、令和と三つの時代を過ごしてきました。

 私は、昭和は力の時代だったと思います。また、目に見える時代だったと思います。子どもの行動も心の動きも、見えやすかったのではないかと思いました。荒れた学校、受験戦争、いじめなど悪いことも見えやすかったと思いますが、隠され続けて行った事もあったように思います。

 

 それに比べて、平成は情報の時代だった気がします。携帯電話、インターネットの普及によって情報があふれた時代であったと思います。遊びも多様化し、テレビゲームだけでなく携帯ゲーム、スマートフォンによる何時でもどこでも娯楽を楽しめる環境。その結果、体験不足、経験不足の子供たちが増えてしまったように思います。そのため、今まで見えていたものが見えにくくなり、隠されていたものが見えるようになってきてしまったと思います。秘匿されてきたものや、マイノリティーだったものなど多くの物が世に出て市民権を得るもの、さらに迫害を受けてしまうものなど多くの取捨選択が起きた時代ではなかったでしょうか。

 

 学業もその流れに乗って詰込みから、ゆとり、脱ゆとりと時代を経て変化してきました。しかし、根本は変わらないと思います。というか変わりようがないと思います。人は失敗し、そこから何かを学ぶこれの積み重ねで、太古からの時代を築いています。また、国としてこれだけ長い時代滅ばず続いてきているのは、世界で日本だけ。ということも普段は意識してはいませんが、今回の新元号になることで意識をしてもいいのかと思います。

 

 令和はどんな時代になっていくのでしょうか。我々T'sラボは、新たな挑戦をしつつ、教育の根本を忘れず、失敗を恐れない心、生き抜く力を育むこと、心の強さと多様性と適応性の育成をより一層精進し邁進していきたいと思います。

 

                                   T'sラボ柴田

18回の閲覧

℡:055-957-1331

©2019 by T'sラボ. Proudly created with Wix.com

​口コミサイト

QRコード